calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

categories

archives

横浜の来年のオーダーを考えてみた

1.石井琢朗選手(ショート)2.小池選手(レフト)3.多村選手(センター)4.村田選手(サード)5.吉村選手(ファースト)6.内川選手(セカンド)7.金城選手(ライト)8.相川選手(キャッチャー)9.エース三浦投手
これがベースになるのかな?

投手陣
先発 三浦、門倉、那須野、吉見、三橋、土肥(復活希望)
中継 加藤、木塚、川村、秦、牛田
抑え クルーン
これにワンポイント左腕がつく感じかな。
伸びを期待したいのが吉川、山口、岸本、高宮、染田あたりか。
このあたりの選手の伸びが来季のポイントなのでしょう。
特に中継ぎ陣の疲労が心配されるだけに彼らは来季絶対に働かなくてはならない。ドラフトから即戦力は無理だろうから外国人投手がとれるかどうかだろう。

捕手は現状維持かもしれないが、案外びっくりがあるかもしれない

内野手
琢朗、内川、種田、佐伯、藤田、吉村(多分ファーストだな)、村田、小田嶋選手が一軍かな。
レギュラー予想以外では一軍レベルは種田選手ぐらいのもの。
とにかく若手が残念ながら育っていない。藤田、野中以外はそろそろ整理対象かな。
かろうじて北川、木村、小田嶋あたりが残留かな
佐伯選手ですら来季は完全に控になるのであろうが二塁手と遊撃手がひたすらいない。

外野手
外野は12球団随一だ。
金城、多村、古木、小池、河野、鈴木尚

とすると現有戦力と大差がないことになってしまう。
プラスは多村選手、吉村選手のフルシーズン出場と、三橋、牛田、那須野投手がローテーションもしくは中継ぎで完全定着しそうなことかな。

あとはとにかく外国人選手の補強次第。トレードはするなら二塁手もしくは投手の獲得のみ。多村選手の噂が流れているがこれは無茶だろう。出すなら鈴木尚、古木あたりの守備はだめだが打撃は凄いといった選手だろう。
これでどこか投手くれないかな?ではだめなのだろうか?
とにかく内野手の層の薄さとクワトロkの跡継ぎが出てくるかどうか次第だろう。


整理予想
田中充、田中一徳、福本誠、西崎伸洋、村西哲幸、岡本直也、稲嶺茂夫、ベバリン、佐久本昌広、ソニア

トレードで話が出そうな選手
鈴木尚、小田嶋、新沼、

意外な展開(大型トレードの場合、要するに出血が必要な場合。あえて出血をする場合を含む)
佐伯、古木、加藤、門倉もしくは吉見
このぐらいのことをしないと現在の穴は埋まらない。

ただ本人のことを考えた場合は鈴木尚、古木あたりはパ・リーグに移ることがよいのかもしれない。まあ佐伯、もしくは鈴木尚のどちらかは可能性が高いと思う。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック