calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

categories

archives

一体どうなっているの?門倉殿

きっかけは古木選手のエラーかもしれない。
ただだからといって最小失点に抑える努力を怠ってよいということにはならないはずだ。
濱中選手に打たれた3ランは全く試合を無意味なものにしてしまった。
門倉投手と三浦投手のおおきな違いはこの最小失点に抑えるための術があるかどうかということなのだ。
ただしこの問題は他の伸び悩む投手陣すべてにいえていると思う。
とにかく工夫と考えがたりないのだ。
今のままではうたれて当然だ。単に投げているだけの投手では打撃投手ではないのかい?打撃投手以上に打者を気分よくさせてしまっているのが今の門倉投手なのではないのか?

試合をぶち壊す投手は一軍には不要だ。
門倉投手は一軍においても2イニングまでの中継ぎを任せられるかどうか程度の状態だと思う。
なんと情けない自称エース。困ったものだ。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
木曜日/ 朝起きたらいい天気。久々にばっちり睡眠をとったため、寝起きはいい。こんな天気がいい日は本を読むのをやめて、少しドライブでもするかということで、鎌ヶ谷まで。まずは、スポーツカーを見ようとかなり道に迷って何度も新京成の踏切をまたいだが、とりあえ
  • Higashi Ginza Sweet Life
  • 2006/05/04 9:21 PM